りばみさ世界一周しちゃうブログ🐒

りばみさです🐒世界一大好きな女の子と結婚すべく世界一周へ✈️同性婚が認められている26ヵ国に2019年4月からおじゃまします💃さあ果たして世界一周できるのか!いろいろゆる~く発信中。

私、大学でLGBTの授業します。

こんちはりばみさです!

ブログを全然更新できていないことに気づく。
毎日更新していた頃の感覚が抜け始めています。
自らネタを探す、書く。
この視点が衰えてきた。
いけないいけない、書ける限り書いていきます。

今回は、私がやろうとしているあるプロジェクトのお知らせを。

私、大学で授業したいんです。

目次

 

ジェンダー論の授業

               

私が通っている大学では、毎年後期に「ジェンダー論」という授業があります。
LGBTのことはもちろん、
社会におけるジェンダー問題について、
環境、メディアなど様々な角度から考える授業です。
私も、1年生の時に受講し、
時にはうとうとしつつも、女性の人権や、LGBTのことについて
考えたことを覚えています。
とても有意義な、大事な授業だったのです。

でも、ひとつ言うなら、
ジェンダー論」なので、
あまりセクシャルマイノリティーに関して時間を割くことがありませんでした。
でも、大きな目玉が。
認定NPO法人Ribit」さんが、出張授業を毎年してくれていました。

rebitlgbt.orgこれはこれは、面白い授業なのです。
そして、実際にLGBTの当事者から話を聞けることは
とても貴重な経験であり、毎年楽しみにしている人がたくさんいました。
でも私は、もっと時間をさいていい分野だと思っていました。
講義形式なので、みんなと意見を交換することもあまりなく、
結局、ナーバスな問題だという意識が抜けていなかった。

そして事件は起こります。

今年、先生の都合でジェンダー論が開講されない

いや、問題です。
ジェンダー論は、絶対に受けてほしい授業だと私は思っています。
その授業がない。
ましてや、来年受けるとしても、履修の関係で受けられない人がたくさん
出てくるのではないのか、、、。
そんな危機感を持った私は、あ、私がやろうと思い、
先生に頼み込みにいったのです。

〇「私がジェンダー論やります、いいですよね?」

               

なんとも、上からな発言ですね、今は反省です。
でも、「良いですよ」と1つ返事で返してくる先生もどうかと思いますが。

そう、あっさり了承を得たのです。
だから私は、想いを話しました。

  • LGBTに特化した時間を設けたい
  • ワークショップにように、意見を交換できる空間を作りたい
  • 当事者と気軽に話せる環境を創りたい
  • そして、LGBTに対する「特別感」を無くしたい。

私の思いを受け取ってくれた先生は、
快くokしてくれて、企画することに。

〇私が考える授業

               

私は、レズビアンです。
そして、「26回結婚式」という企画をしています。

私は当事者として、「26回結婚式」を通して社会を緩やかに変えたいと思っています。
そんな想いを、この授業の中に織り交ぜ、
たくさんの人のもとに届けば良いと思っています。
だから、目指す授業はこんな感じ。

  1. 当事者とそれ以外の人の壁をなくす
  2. だれもがセクシャリティーを見直す時間を作る
  3. LGBTが今、社会でどう扱われているのかについて考える
  4. 今後、LGBTについてのとらえ方を考える
  5. 新しい「普通」を創る。

1については、
私と彼女の対談のようなものを企画し、LGBTの当事者との関わりを設ける。
その上で、意見交換を通して、距離を縮め、壁を無くしていきたいと考えています。

2については、
LGBTの当事者だけが特別視されている今、自分のセクシャリティーは本当に合っているのか、
を検証するワークショップをして、自分を見つめ直します。

3にについては、
社会の状況に目を向けます。具体的な事例を元に、みんなで意見交換ができたらいいな、
なんて考えています。

4については、
ここまでLGBTのとらえ方が少しでも変わっていると仮定して、
じゃあ、今後どうしていったら良いのか?についてワークショップ型式でなにかできたら
面白そうだな、と思っています。

5については、
「特別感」があったLGBTに対して、そうじゃない、新たな「普通」を
取り組んできた皆さん全員が、考えだしてくれればいいな、と思っています。

ざっとこんな感じです。
まだ、全然具体的には組立っていませんが、
とりあえず、なにかやりたいのです。
「みんなで話し合える空間」をつくり、
どこかでふれちゃいけない問題になっている「LGBT」について
どんどん話し合える空間にしたい、と考えています。

〇ゲストも呼びたい。

               

シリーズ化したい、この企画。
ゲストを呼べたら、もっと面白くなると思うのです。
対談、とかみんなでなにかワークショップとか。

でも、それには現実問題、
資金が必要です。

だから私は、「資金集め」を始めました。

polca.jp

みなさん、一度目を通していただきたい。
理想の授業にするための第一歩です。

もし、共感したらシェアしてほしいなあ、なんて。
そう思って、このブログで想いを綴りました。

成功させたい、この一心で今、動いています。
もし、資金が集まったら、その資金は、ゲストを呼ぶ資金にあてたり、
そのほかの運営資金にあてさせていただきます。

もし、この企画に興味がある方は、
私たちが運営している「26回結婚式」関係のSNS
もしくは、コメント欄にコメントお願いします!

ではでは、ただの宣伝みたいな終わり方だけど、
今日はここらへんで!

f:id:LoveisLove:20180904162154j:plain

この前タイ行ってきた

以上!りばみさでした!

 

***

 

 この前まで、毎日投稿していました。でも、やめました。

loveislove.hatenablog.com

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

noteはコチラ→Misato🐒ちびごり|note


******

私たちは、私たちのやり方で、「普通」を無くしていきます。

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。

インタビュー第2弾!「あと10年までに、僕が生きたい未来を創る」と語る中西高大さんの話。


こんちはりばみさです!

でました!
私の彼女の待望のインタビュー記事第2弾!
今回は、コチラ!

note.mu

「大切な人に愛を表現して、それが周りから祝福される世界を創りたい」
大学を休学し、起業を考えている中西高大さんにお話を聞いたみたいです。

目次

 

〇中西高大さんとは?

               

f:id:LoveisLove:20180828113358j:plain

プロフィールから引用してみた。

中西高大。1996年5月18日生まれ。大阪府出身。 今年度より大阪大学を休学し、
関西の教育機関で性の多様性に関する出張授業を行う学生団体「あのね、」を立ち上げる。
また海外インターンシップを主幹事業とするNPO法人アイセック・ジャパンにて、
アフリカ起業家輩出プログラムを開発している。
現在は「誰もが自分を、そして大切な人を堂々と愛せる世界」を目指し、起業準備中。

そして、彼はパンセクシュアルというセクシャルマイノリティ
でもある。

そんな彼は、「あと10年までに、僕が生きたい未来を創る」と意気込み、
行動し続けている。

〇カミングアウト

               

彼は、カミングアウトしてからの苦労を語っていた。

実際、私も友達にカミングアウトした後の空気や雰囲気に、
すごく違和感を感じたことがある。

loveislove.hatenablog.com

 そのときに、この記事を書いたが、
やはり、周りからの多少の距離は、今も感じるときがある。

「LGBTの人」って特別視される感じ。

身近な人やメディアから差別的な表現を見聞きしてきたからこそ、
それに恐怖や抵抗を感じてしまっている

この言葉にうなずいた。

社会の、日本の「LGBT像」みたいなものがあって、
それは決して良いものではない。
無意識的に、という表現をしていたが、
言葉を聞くだけで、人は無意識に創られたイメージから、
距離をとってしまったり、
変にとらわれてしまったりするのだろう。
そして、いないものにされているのも、たしかに問題だと思った。
いろいろなところから、差別や偏見が生まれている。

〇置かれる場所によって、人生が左右される

               

自分で病気になりたくてなったわけじゃないのに、病気になってしまった。
そうした環境によって、人生が左右される現場を数多く見てきました。
セクシュアリティも同じで、自分で選べたものではないにも関わらず、
それによって生きづらさを抱えてしまう人が僕も含め、
たくさんいるという状況を何とかしたいって思ったんです。

この原体験からの大きな想いから、ウェブサービスを立ち上げたり、
起業を見据えたりと、彼の行動力を支えている。

彼の考えているウェブサービスはこんなもの。

自分の最も近いセクシャリティが分かるというウェブ診断サービスです。
セクシャリティは基本的に、心の性、恋愛的指向、性的指向
そしてファッションなどで自分が表現したい性という4軸があります。
その4軸に基づいた質問に答えていくと、一番近いセクシャリティが最終的に診断されるというものです。

その4軸の質問のうち、特徴的に表れている部分は人それぞれ違うし、
すべての質問結果が合致する割合は少なくなるので、
どんな人も少なからずセクシャルマイノリティの当事者であることを知ってもらいたい。
その診断結果を、最終的にSNSでシェアしたくなる仕組みを作っています。

 今、社会では。
例えば、女の子だったら、
「女の子が女の子らしい服を着て、男の子に恋をする。」
という感覚が「普通」になっている。

でも、なぜ自分が女の子だと認識していて、
女の子らしい服を毎日疑いもせず着ていて、もしくは好きだと思っていて、
男の子が好きという感覚を持っているのか。

このウェブサービスを通じて、
今「普通」だと思っている人たちも、
自分のセクシャリティーや、感覚を見直し、言語化することができるのではないか、と思う。

私は、中学生の頃、
レズビアン診断」みたいなものをしたことがある。
でも、当時は壁があった。
検索しちゃいけないことをしている感覚で、
検索した後、履歴を消したりしていた。
たぶん、「普通じゃない」と思っていたから、
怖かったのだ。

でも、もしこのような診断サービスが、
誰もが自分を見直せるサービスになったら、
LGBTと「普通の人」という壁も、いずれは無くなるのかもしれない。

彼は、この結果をシェアして、
カミングアウトしやすい環境をつくっていくと話していた。

私もそうなればいいな、と思う。
社会へのカミングアウトの壁は、すごく高いものだと思うから。
そして、彼の活動が、
今、「普通」な人、「マジョリティー」の人たちの意識を変えるきっかけになれば
いいなと思う。

自分の特性を知る診断は、みんな気軽にできる。
それと同じくらい、自分のセクシャリティーを知る診断も気軽にできれば、
人々の意識は変わるのではないだろうか。

「あと10年後までに、僕が生きたい未来を創る」 

この言葉に、彼の想いが詰まっている気がした。

 

***

インタビュー第1弾はコチラ

loveislove.hatenablog.com

 note発信中

note.mu

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

noteはコチラ→Misato🐒ちびごり|note


******

私たちは、私たちのやり方で、「普通」を無くしていきます。

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。

 

私の彼女がインタビュアーデビュー!カナダで結婚し、移住することを決めた日本人女性カップルの話。


こんちはりばみさです!

長らくお休みさせていただきました。
復活!ってほど大げさでもないですが、
ぼちぼち、
また本格的に動いていこうと思います。

突然ですが、
私の彼女がインタビュアーデビューをはたしました。

彼女のブログ記事コチラ↓

bigmayu.hatenablog.com

インタビュアーは自称ですが。
立派なものです。
私はできない分野なもので。

今日は、このインタビューから、私が思ったことをシェアします。


目次

 

〇カナダで結婚した、レズビアンのさなさん

               

さなさんのプロフィールを引用しました。

レズビアン。2017年8月にカナダに渡航し、さなさんの同性パートナー
(通称:Hさん 以下:Hさん)と結婚式を挙げる。
現在は、さなさんとHさん、そしてHさんの娘とカナダでの3人暮らし。
移住完了のために、永住権を取得している途中。趣味は料理。

カナダは、2005年に同性婚が認められました。
トロントでは毎年6月頃に、めちゃくちゃ規模がでかいレインボープライドが
行われます。
私も、トロントへの留学経験がありますが、
レインボーフラッグは、結構頻繁に見た覚えがあります。

loveislove.hatenablog.com

さなさんは、日本で今の日本人のパートナーと知り合い、
お付き合いを経て、
カナダに移住することを決めたそうです。

LGBT×親

               

 親へのカミングアウトは、やっぱり難しい。

母と何度も話をしても、
「自分の娘がレズビアンだっていうのは、わたしは認めない」
の一点張りでしたね。
「テレビとかでは、レズビアン・ゲイ・トランスジェンダーと言われている
LGBTの人は見たことはあるけど、自分の身内にはいないものだと思っている」
とも言われました。

 さなさんの言葉を聞いていて、
自分がカミングアウトしたときのことを思い出していました。

私自身、
親に認めないとは言われていないが、それこそ認めるとも言われていない。
そこに関して、
デリケートで、複雑な問題だからこそ、
曖昧に終わってしまっているような気がするのです。
カミングアウトしたはいいものの、
今後どう付き合って良いかは、まだ分からないでいます。

さなさんは、こう続けていました。

距離の詰め方が難しいと感じますね。やっぱり家族は家族だし、
大事に思っていることには変わりがありません。時間をかけて少しずつ、
お互いが分かり合えるところを、探り探り見つけていくしかないなって思いますね。

 家族って、とても不思議な関係だと思うんです。
自分において、すごく大事なコミュニティーだけど、
選んだわけじゃない。
でも、家族というだけで謎の信頼感が生まれ、
固定概念みたいなものも生まれる。
だけど、本当のところは知らなかったりして。
だから、
自分が思っていたことと違うことが起こると、
すべてが崩れてしまう。
もちろん、そこからの修復は難しい。

でも、家族は家族で、
大事な存在だしコミュニティーだし、
そこを切るつもりはない。
お互いが分かり合えるところを探していきますとはっきりと言っている
さなさんは強いと感じました。

〇「家族」として認められること

               

制度もそうですが、
カナダでは、人々の意識も発展し続けているよう。

Hさんのことをわたしの奥さんですって、当たり前に言えることが良いですね。
周りの人たちも私たちのことを見て、家族と認めてくれるので

 私も、レズビアンでパートナーがいて、
街にでたり、一緒に生活している中で、
小さなストレスはあったりします。
少し、周りの目に過剰に反応してしまうときも。

だからこそ、さなさんのこの言葉を聞いて、うらやましいと思いました。

相手から、「家族なのね」と認められる環境にであったことがないのです。
もちろん、私自身理解されないだろう、
そして偏見を持たれることへの怖さがあります。
だから、自分から言うことはまれです。
いつも、友達ですとかいってごまかす。
でもそれが一番苦しかったりします。

だから、さなさんの言葉にとても共感したし、
今のさなさんの環境をとてもうらやましく思ったのです。

〇「LGBT」という言葉が一人歩きしている。

               

さなさんは、今の日本社会にこう言っていました。

(カナダは)いろいろなところにレインボーフラッグは掲げられているし、
レインボーフラッグはLGBTの象徴だっていうのは、
すべての人にとって共通認識だと思います。
生活の中にLGBT関連のものが簡単にアクセスできるようになっているのが、
日本と全然違うなって。だから、自分からアクセスしないと情報が届かない上に、
自分から興味を持って調べないと、LGBTがちゃんといるっていうのが、
日本だとなかなか見えにくくなっていると思うんですよね。

自分の周りに、もしかしたらLGBTがいるかもしれないっていう想像力を、
すべての人が働かせられるような環境が日本でも整うといいなって思います。

 「想像力」
どれだけの人が働かせているのだろうかと考えさせられました。

また、私自身、

自分からアクセスしないと情報が届かない

という言葉に共感するものがあるのです。
今の社会、
LGBT」という言葉が一人歩きしているように感じます。
言葉が浸透したということは、良い点だと思います。
私のような人は世界にはたくさんいること、
権利が認められていないこと、
たくさんの事実が世界にはっきり出てきました。

でも、今、
LGBT」の意味をちゃんと知っている人はどれくらいいるのでしょう。
そして、
みなさん「LGBT」と聞いてどんなイメージを抱くでしょう。

私は今、社会でこの言葉がいろいろな場面で使われすぎているせいで、
本来のイメージからほど遠い言葉になっているような気がします。
そして、なんでもかんでも「LGBT」とくくっておけば良いという話ではないのです。
でも、少しでも話題になれば、
なんでもかんでも「LGBT」という言葉に集約させられているような
気がしてならないのです。

正しい想像力を、
LGBT」のイメージを再確認すべきだと私は思います。

パートナーシップのカタチはさまざま。
それをいつ自然に受け入れられるようになるのか。

さなさんの話はとても新鮮で、
貴重な素敵な時間でした。

世界一周で、お会いできたらいいな、
なんて思っているりばみさです。

f:id:LoveisLove:20180821161007j:plain


今日はここらで!
以上!りばみさでした!

 

***

親へのカミングアウトをしました!

loveislove.hatenablog.com

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

記事と合わせてよんでほしい!

loveislove.hatenablog.com

 
******

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。

 

私が毎日投稿をしていた理由。そして、やめる理由。私は「ときめき」を忘れていました。


こんちはりばみさです。

突然ですが、ブログ毎日投稿やめます。

今日は、毎日投稿をやってた理由、
やめる理由、
そして、今後について、話します。

目次

 

〇発信したい

               

きっかけはこのツイート。

 うれしいことに、少しずつ読者数も増え、
アクセス数も増えてきた。
数字で結果が少しずつ見えてくるようになったこの頃、
ふと思ったこと。

それは、毎日更新していくことで、
もっと見てくれる人が増えるのではないか、ということ。

「発信」したい思いが強かったのもあり、
彼女にも背中をおされ、毎日ブログをやることにした。

おかげさまで、
毎日更新したからなのかどうなのか、
数字にも表れて、
私はなんとか20日間続けている。

でも、最近言われることがある。

〇仕事化していませんか?

               

 たまにやっている質問箱。
昨日の質問箱に、こんなコメントがきた。

 実は、直接友達に、
一般に向けてる言葉が多くて、距離を感じるとか、
突っ走りすぎといった言葉を最近耳にしていた。

でも、あまり気にしていなかった。

でも、このコメントが考えるきっかけになった。

「ずっと見ていられる、追いかけたい」
って感情って、すごくうれしい。
でもそれを、奪っているとしたら、
私たちのやっていることは違うかもしれないと思うし、
なにより、自分たちも、相手にも、ときめいててほしい。

〇毎日投稿のメリット、デメリット

               

見てくれている人は、やっぱり感じ取ってしまうのかも。

私自身、
毎日投稿をしていて、
クオリティーが低いまま、時間が無くてアップしたり、
無理矢理トピックを見つけて書いたり、
少し目的を見失っていた部分があるのかもしれない。

だから、分析してみた。

毎日投稿のメリット

  • 見てくれる人が増えるかも
  • 自分の考える時間が増える
  • 毎日書いてると、新たな発見がある。

毎日投稿のデメリット

  • ブログにとらわれすぎて、noteとかの更新がおろそかになる
  • 質が下がる
  • 内容が一般化してくる
  • 追われる感がでてくる

と、ざっとこんな感じ。

もちろん、毎日やり続けて、
ものにした有名人とか、たくさんいる。
だから、やり続けたい、という思いもある。

そして、ブログとnoteを、活用して、
うまくやっていきたい思いがある。
一般化した考えを発信するブログに対して、
もっと自分の考えを発信するnote。

でも今、これが出来ていないし、
どうしても、「毎日更新」にとらわれて
ブログの本当の意味を見失っている自分がいた。

〇毎日更新、やめます。

               

ブログやる意味として、
「私たちを知ってほしい」
という思いがある。

だから、もっと丁寧に
書きたいと思う事をしっかりと書きたいと思う。

LGBTとか、同性婚とか同性愛者とか、
当事者だから伝えられることを伝えたいし、
それにともなって、私たちのことも伝えて行きたい。

もっと、大切に、丁寧につくっていきたいから、
ブログの書き方を見直そうと思う。
だから、

毎日投稿、やめます。

もっとやることをやって、
伝えたいことをしっかり丁寧に伝えます。

 

〇今後

               

ブログの毎日更新はやめます。

でも、実は毎日書くことを習慣にはしたいと思っている。
だから、noteとブログを交互に、
そして書きたくないときは書かない。
書きたいものを書く!
ことにします。

だから、気まぐれブログとnoteに興味がわいたら、
その都度読んでくれたらうれしいな、と思います。

もう一度、
見てくれる人をときめかせるものを作っていきます。

f:id:LoveisLove:20180813170314j:plain


以上!りばみさでした!

 

***

私の想い、読んでほしい。

loveislove.hatenablog.com

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

記事と合わせてよんでほしい!

loveislove.hatenablog.com

 
******

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。

休日りばみさつぶやき日記。【事件】ほしが消えたんです。だから今までの記事総まとめ!


こんちはりばみさです!

今日はつぶやこうと思います。

ここ最近、毎日投稿してるんです。
そしてブログ村も始めたりして。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

でも、なぜか二日前からスターがゼロ。
別に、スター目当てでやってる訳じゃないんだけど、
書いた記事を読んでくれてる実感が得られるし、
なによりモチベーションになってる。
だから、
すごく悲しくて。
で、今日今までの記事を見てたら。

スターマークがどこにもない!!!!!!!!!

気づいてしまいました。

消えたはてなスターの表示、記事下カスタマイズの見直しにより復活 - 千夜一夜

このブロガーさんを参考に、
今までいじったHTMLを見直して、
しっかりはてなスター表示にもチェックを確認して、
更新したら、
復活した、、、、

みなさんも、気をつけてみてください!
では、記事まとめはじめます!

目次

 

 〇記事の前にとりあえず、これ

               

www.instagram.com

note.mu

〇26回結婚式についてはコチラ

               

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

〇りばみさ×LGBTはコチラ

               

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

〇「レズビアン」の私が洋服に困ったシリーズコチラ

               

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

〇りばみさが社会の問題にもの申してます、コチラ

                

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

〇りばみさについてはコチラ

               

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

〇りばみさが経験した海外の情報はコチラ

               

loveislove.hatenablog.com

loveislove.hatenablog.com

〇休日りばみさつぶやき日記はコチラ

               

loveislove.hatenablog.com

 
と、こんな感じ!
27記事もあったなんて、こつこつやるとすごいものです。

明日からまた、こつこつやっていこうかと思います。

でも、毎日投稿については、やめることも検討中。
noteのほうも更新できてないし、
ほかにも、世界一周についてやることがたくさん。

でも、なるべく続けて行きたいとは思っています。

とりあえず、読んだことない記事は、クリックして読んでみて!
そして、よかったらほしをくれると、
私は、ブログへの、世界一周へのモチベーションの1つになる。
そして、疑問、批判、コメントはどしどし募集中。
一緒にたくさんの問題について考えて行きたい。

f:id:LoveisLove:20180812233358j:plain

いつかの鳥取砂丘

以上!りばみさでした!

******

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。

トロント生活情報総まとめ!観光情報から、交通などの生活情報満載!これを見ておけば間違いなし。


こんちはりばみさです!

留学編第1弾、昨日はビクトリア編でした!

loveislove.hatenablog.com

 留学編第2弾、今日はトロント編!
2ヶ月滞在のトロント
語学学校など全部自分で決めて行ってきました。

今日は、伝えたいこと全部詰めます。


目次

 

トロント

               

カナダのオンタリオ州の州都であり、同国最大の都市である。
オンタリオ湖岸の北西に位置し、2011年の統計で人口およそ260万人。
北米有数の世界都市であり、2010年の都市圏人口は590万人と
北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ4番目の大都市である。

(トロント - Wikipediaより)

詳しい観光情報はこっちがいいかも

tabippo.net

観光は私も徹底的にしました。笑
CNタワーとか水族館とかは、「シティパス」というのを買って回ったよ!
その方がお得だと思う!

詳しくはコチラ

xn--dckxayj7d1a0c3j1a3rb.net

大都市なのに、すごくコンパクトな印象のトロント
交通がめちゃくちゃ発達してて、
バスとサブウェイとストリートカーと呼ばれる路面電車があるから、
どこに行くにもめちゃくちゃアクセスがいい!

「TTC(トロント交通局)」の範囲だったら、
パスを買えば乗り放題!

www.ttc.ca

赤いマークが目印!
私は2ヶ月滞在だったので、
マンスリーパスウィークリーパスを使った!

トークと呼ばれるコインも買えるから、
超短期滞在でも、お得に乗れるはず!

あと、
初めての留学とかでも、乗り方がシンプルだからわかりやすい!
めちゃくちゃおすすめです。
カナダ・トロントの交通機関と乗り降りの仕方 | Next Step

〇カフェがたくさん

               

カナダに行ったら、とりあえずここにはいっておかないと。

www.timhortons.com

Tim Hortons!!!!!!!!!!!!!
カナダのドーナツ屋さん!
カナダでは最大のファストフード店らしい。
ドーナツのほかにも、
スープとかバーガーとかたくさんうってて、
スタバで言うフラペチーノみたいなあまーい飲み物も売ってる。
とにかく安い。

ちなみに、
コーヒーを頼むときのカナダの人たちのステータスは、
ミディアムコーヒー、ダボーダボープリーズ」です。
medium coffee, double double please」ってこと。
これは、コーヒーのMサイズにミルクとシュガーを二個ずつお願いってこと。
これを、いきなりあったカナダのおばちゃんに教わった。
みんな、ダボーダボー言ってた。笑
試してみると良いかも。

あと、チリってスープもおいしい。
パンがついてくるから、
これだけでお腹いっぱいになるはず!!!

あと、
探すと街にたくさんカフェがある。
洋服屋さんの奥にあったりとか、
いろいろ。

私、「Second cup」ってとこも行ってた。
コーヒーとマフィンがおいしい!

あと、「aroma espresso bar」ってカフェも良い感じ!
コーヒーもおいしいし、スムージーも!

ダウンタウンに出ちゃえば、いろんなカフェもあるから、
自分お気に入りのカフェを見つけるといいかも!

〇過ごし方

               

私は、語学学校に通ってたから、午後3時くらいまで授業。
その後は、クラスメイトとみんなでストリートバンドの演奏聞いたり、
ダウンタウンまで行ってお買い物したり、
湖みてゆっくりしたりした!
交通網がしっかりしているし、
パスを持ってればどこでもいけるから、遊ぶところはたくさん。

カナダは19歳から合法なので、
パスポートを見せて確認が出来れば、お酒も飲めます。
だから、昼からビールなんてことも可能です!

f:id:LoveisLove:20180811125331j:plain

お出かけ後のビール

f:id:LoveisLove:20180811125336j:plain

セント・ローレンス・マーケット

f:id:LoveisLove:20180811125358j:plain

ウォーターフロント

そして、トロントはめちゃでかいショッピングモールがたくさんあるのも魅力の1つ!

f:id:LoveisLove:20180811125650j:plain

ヨークディールショッピングセンター

詳しくはコチラ!
イートンセンターは若者があつまるってイメージ!
ユニクロと無印があるから、万が一でも安心。
でも、ユニクロは高いので注意が必要!

lifetoronto.jp

 

〇カナダブラン

               

fishand.tips

ここにがっつり乗ってるぞ!

  • MAC
  • Canada goose
  • Herchel
  • Arc' teryx
  • Lulu lemon

そして、外せないのが、「Roots(ルーツ)」です!

www.instagram.com

トロントの人みんな着てる。

私もパーカーを買ったけど、
極寒のカナダ発祥なだけあって、すごく温かくてお気に入りです。
マフラーとか手袋とかも売ってるし、革製品も手がけています。
半そでとか着やすいものもたくさんある!
そしてなんといっても、買ったときにもらえるバックがかわいい!!!
お土産にももってこい!
少し高いので、大切な人にあげてみては?

〇絶対行くべき、ナイアガラの滝

               

f:id:LoveisLove:20180811132940j:plain

絶対行くべきです。
ついて目の前にしたときは、でかすぎて笑いしかでてこなかった笑

行き方、過ごし方はコチラ

lifetoronto.jp

私がおすすめするのは、カジノバス
安いし、ついてカードを発行すれば2回目の乗車はもっと安く乗れます。

safewaytours.net

でも、本当にカジノにいく中国人とか、
観光につかう中国人がわんさか。
時間によっては、のれないことも。
朝早くいくのがおすすめ

19祭以上であることも、要注意。
パスポートが必須です。

あとね、乗り場が複雑。
わかりやすいのは、ダウンタウンの通りにあるチャイナタウンセンター前
でもわかりやすいからここが一番人が集まる。

バスが着たら、パスポートを見せて、
$20を払って乗車!
カジノのあるホテルに下ろされるけど、もうすぐそこにはナイアガラの滝。
あるって下れば、船にのるチケット売り場に到着します。
街並みもかわいいから、歩くのも楽しいはず!

カジノに興味がある人は、
パスポートを見せれば中には入れます。
スロットみたいなものから、
テレビで見るようながちなやつまで見ることも、やることもできます!

帰りのカジノバスは、
ダウンタウンに下ろされるので、時間を考えて帰れたらベスト!

もーーー絶対行くべき!
感動ものです!

 

トロントに行ったら!

               

トロントに行ったら、
観光として街を練り歩くのもよし、
湖とかトロントアイランドにいってゆっくりするのもよし。

ゆっくり、自分の時間を満喫することができます。

ショッピングも充実できるし、
様々な人が集まるトロント
少し歩くだけでいっきに待ちの景色が変わるとても面白い街。

そんなトロント、みなさん気になりませんか?
ぜひ行ってみてください!

f:id:LoveisLove:20180811131428j:plain

 

〇私の留学情

               

日本のエージェントを通して語学学校を決め、留学に行きました。

お世話になった会社はコチラ

www.ryugaku.co.jp

とても親切にしていただき、
迅速に対応していただきました。

トロントで通った学校は、「Global village
会話中心の授業を展開するプログラムに惹かれて決めました。

jp.gvenglish.com


3つの駅に囲まれている、とてもアクセスしやすい学校。
スタバとティムホートンとセカンドカップも近くにあります!

 


カナダにいる期間は、ホームステイ
学校を卒業してから1週間観光し、帰国しました。
ホストファミリーたちは、フィリピン系の家庭、
ほかにホームステイしている韓国人留学生ふたりと3人で仲良く生活しました!


ワイファイは、カフェにはほとんど入っているし、
ショッピングモールも入ってる、
地下鉄にも入ってるうえに、
駅は細かくどこでもあるから、
ポケットワイファイとかなくても、駅に行けばなんとかなる!って感じで、
あまり困らなかった!
意外と高くつくポケットワイファイ、
トロントはなくてもいけるかも!

 

〇ニューヨークとモントリオール

               

おまけです。
カナダの東側、そしてアメリカに近いトロントは、
アメリカへのアクセスも、オタワ、モントリオールなどへのアクセスがいい

ニューヨークへは、
ツアーのようなものでバスで3泊4日!
日本人が多いから、友達になってみんなで回るのも楽しいかも!

そして、モントリオールまでは、
バスで6時間くらい!
お金と時間があるなら、
オタワ、モントリオールケベックシティーといけると、満喫できる!

私は、モントリオールに一人旅した!
使ったバスは「megabus(メガバス)」という会社!

ca.megabus.com

モントリオールは、またがらっと雰囲気がちがくて楽しかった!

第一言語が、フランス語になるから、
マクドナルドも街の看板もフランス語がでっかく書いてあって、
その下に英語って感じ、
街の人たちも英語とフランス語を使い分けている不思議でかっこいい街!

観光情報載せておきます。

www.compathy.net

泊まったドミトリーはコチラ

www.booking.com

おしゃれだし、新しい出会いがあるから好き!
私はこのとき、
フランス人のバックパッカーと友達になって、
一緒に朝食食べて、いろいろ観光情報を教えてくれた!


ゆっくり長めの留学を考えている人は、
少し足を伸ばして旅行してみるのも良いと思う。

私は、一人旅をしたおかげで、
英語を使う環境を作り出して、
実際に使って生活した。

めちゃくちゃ自信がつく経験になったから、おすすめです。

 

f:id:LoveisLove:20180811135018j:plain

 

読んでくれてありがとうございます!
以上!総まとめの情報もりだくさんなトロントの話でした!

りばみさより!

***

ミニマリスト、めちゃくちゃいいです!

loveislove.hatenablog.com

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

記事と合わせてよんでほしい!

loveislove.hatenablog.com

 
******

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。

私の留学【ビクトリア編】初めての留学、失敗から学んだこと。


こんちはりばみさです!

昨日から、服のミニマリストになりました。
しっかり今日も白T着て、安定感ある1日をスタートさせています。

loveislove.hatenablog.com


さて、今日は留学にまつわる話をしようと思います。
はじめての留学話です。

目次

 

〇カナダのビクトリア

               

ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の州都ビクトリアは、
カナダでも特に温暖な気候に恵まれて、1年を通して過ごしやすい街です。
歴史的な背景から英国の影響が色濃く残る街並みには花が溢れ、
別名ガーデンシティとも呼ばれています。その穏やかな気候と、
ガーデニングなどにいそしむ優雅なライフスタイルに憧れて、
カナダ人にとっても「いつか住んでみたい場所」として1位の人気を誇ります。

www.hellobc.jp

バンクーバーからフェリーでアクセスするこの島は、
街並みがイギリス風でお花がたくさんのゆったりしたところ。

観光情報は今回ははぶきます。
写真だけシェア!

f:id:LoveisLove:20180810101804j:plain

フェリーからの眺め

f:id:LoveisLove:20180810102114j:plain

インナーハーバー

〇3週間のホームステイ

               

高校の3週間の語学留学のプログラムに参加したこの短期留学。
だいたい20人くらいかな?
語学学校にみんなで通って、午後はアクティビティー。
ホームステイだけは1人でホームステイって感じで。

平日は
みんなでいることが多かった。
休日はホストファミリーたちとお出かけって感じ。

私は、今よりも英語が出来ない状態。
このときからトラウマもあったし、苦手意識があったから。

loveislove.hatenablog.com

 で、しんどかったりばみさ、
なかなかな苦い思い出を作ってしまったのです。

〇お腹痛くなっちゃった

               

英語できる友達の前で、英語話したくなさ過ぎて
お腹痛くなって最後クラスを休んだ。笑

当時、英語の出来る友達と共にいて、
クラスも一緒だった。

でも、
自分の英語のトラウマとかへんなプライドから
英語を話すのが嫌になってしまっていた。
で、卒業の日のクラス、
たぶんテストみたいな感じだったと思うのだが、
英語を使うのが嫌すぎて、、、
それ考えてたらお腹痛くなってクラスにでれなかった。

「完璧」を求めすぎた結果

出来ないくせに、
出来ないことを認めることが出来ず、
中途半端を受け入れられず、
ただひたすらに完璧を求めていた。

そしたら、
自分自身をいろいろなところで
縛る結果に。

「出来ない」といえなかった

これが私のはじめての留学。
自分の中では、「悔しい」「苦い」経験だ。

〇「出来ない」といえなかったこと。

               

考えれば、とくに何でも無いんだけど、
この留学にいくまで分からなかったこと。

これが私の「失敗」から学んだこと。

うすっぺらーいけど、
これがその後の留学に生きてくることになる。

 

今日の記事もなんかうすっぺらーいけど、
今後身のある記事になるはず。

明日はトロント編。

以上!りばみさでした!

 

***

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

記事と合わせてよんでほしい!

loveislove.hatenablog.com

 
******

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。