りばみさ世界一周しちゃうブログ🐒

りばみさです🐒世界一大好きな女の子と結婚すべく世界一周へ✈️同性婚が認められている26ヵ国に2019年4月からおじゃまします💃さあ果たして世界一周できるのか!いろいろゆる~く発信中。

女の子が好きな女の子=レズビアン≓私

f:id:LoveisLove:20180605160537j:plain

 

 

レズビアン

 

という言葉を知っていますか?

 

 

リンクに詳しく解説が書いてありますが。

 

つまり、

「女の子が好きな女の子」

ということです。

 

=私

 

となります。

 

 

今日は、世界一周の前に私自身の紹介を少し。

 

f:id:LoveisLove:20180605160601j:plain

 

 

 大学3年生をしている女の子の「私」、表現するなら、

 

 

女の子×男の子=私

 

 

です。

 

 

 

〇大学生までの自分

  • 彼氏がいた。
  • でもクラスに1人お気に入りの、仲の良い女の子がいた。
  • 常にボーイッシュ
  • 「好きな男の子」を作ることで自分に制限をかけていた。

 

こんな感じ。

男の子といると、どこか背伸びをして素直になれない。

と、思っていた。

でもたぶん、だれもそう思うのだろうと思っていたから疑問視はしていなかった。

 

 

 

〇今の自分

  • 女の子が好き
  • パートナーは女の子
  • 「女の子」のときと「男の子」のときがある。

 

女の子を好きになるという感覚の方が普通であること。

好きという感覚があること。

この感覚に気づいてから、自分に素直になることが出来ました。

 

 

 

一番大きいのは、「女の子であり男の子である」ことが分かったこと。

 

 

 

彼女といる時の感覚は、「彼氏」

エスコートしたくなるし、イケメンであろうとする。

それでもって、そのときの自分の方が好きだったりする。

"自分らしい"とさえ思うときも。

 

 だから自然と、男の子といるよりも女の子を好むらしい。

だって、キャラかぶるもんね。

 

 

 

だから今は、

女の子男の子を使い分ける生活をしている。

なかなかおもしろい。

 

 

と、ざっとこんな感じ。

 

これからは、自分がレズビアンとして、

当事者として生活していく上での障害とか、考えることもシェアしていければと思います。

 

正直、自分の中では

レズビアン」という言葉が自分に合うのかもはっきり分からない状態。

自分のアイデンティティ、確立中なのです。

だからそれもシェアできたらおもしろいと思ってます。

 

 

明日はこの話の続きか世界一周の話を少しかければいいなと。

では。

 

ミサト