りばみさ世界一周しちゃうブログ🐒

りばみさです🐒世界一大好きな女の子と結婚すべく世界一周へ✈️同性婚が認められている26ヵ国に2019年4月からおじゃまします💃さあ果たして世界一周できるのか!いろいろゆる~く発信中。

私たちのインタビュー記事お披露目!そして、レズビアンの私が「発信」する理由とは。

 

こんちはりばみさです!

 

このたび!
私たちのインタビューがついにお披露目です!

note.mu

 

取材をしてくれた、Re.ingとは?

reing.me

 

取材を受けて考えた。「パートナーシップとは」はこちら

note.mu

 

〇私の思い

私は、「レズビアン」です。
と、もう振り切っています。

めちゃくちゃOPENなわけです。

 

私が世界中にカミングアウトしたときから、

 いろいろな人から、いろいろな声を聞きます。

もちろん、勇気を振り絞って私にカミングアウトしてくれる人もたくさんいたし、

もちろん、応援メッセージもたくさんもらいました。

 

みなさん、「よんなな会」は知っていますか?

47都道府県の地方公務員と中央省庁で働く官僚をつなげることで、
日本全体を有機的につなげることを目的とした会

私は、この中の「よんなな学校」というものに参加したことがあります。

日本全国、様々な地で頑張っている学生を集めて、
みんなで仲良くなって、「もっと日本を良くしていく」ための「学校」

このとき私は、事前の自己紹介で、
知り合ってもいない人たちの中でカミングアウトつきの自己紹介文を送りました。

思い切りました。我ながら、あっぱれです。

 

でも、みんなは認知していないんだろう、なぐらいで思っていました。

でも、そうではなかった。

 

 「めちゃくちゃかっこいいっす」

 

って言われたんです。

めちゃくちゃ興味を持ってくれた。それが素直にうれしかった。

 

同時に、
私自身、社会的価値があるのかもしれない、と思ったのです。

 
と、いうのも。
「女の子がパートナーの河崎美里」という
本質の私に、たくさんの人が興味をもってくれました。
 
まわりにそういう人がいない、
知る環境がない。
興味があるのに、その興味を探求できない状況が社会には広がっていた。
 
いつ女の子を好きになったの?
カミングアウトは?
自分自身、いつそれを認めたの?
生きることは苦しくないの?
LGBTってなに?
同性婚は日本でできないの?
女同士で付き合うってどんな感じ?
なれそめは?
 
などなど。
たくさんの疑問を投げかけられ、
それに自分なりの気持ちを一生懸命答えてる自分がいました。
 
だから私は、「よんなな学校」を通して、
自分が発信することで
興味を持ってくれる人は日本にたぶん、たくさん居るはずだと確信したのです。
 
LGBT」に関して言えば、言葉だけが一人歩きして、環境が整っていないこと
が明確になり。
そして、私たちが世界一周をすることの意味は確実にある
ということを実感できた瞬間でした。
 
だから、私は、発信すると、決めたのです。
 

f:id:LoveisLove:20180710194038j:plain

 
〇個性を活かす
私は、「レズビアン」という個性を持っています。
これを、使わない手は無いと思うのです。
 
私は、OPENにできた。
でも、出来ない人はいるし、苦しんでる人もいる。
だから、その人たちは私たちの世界一周を見ててほしいな、と思います。
 
私たちは、権利主張も大きなムーブメントも起こそうとはしていない。
でも、「世界一周」に、
ウェディングフォトという「エンターテイメント」性をプラスして、
社会を緩やかに変えていきたいと思う。
少しでも多くの人に、「気づき」を与えたい。
そう、思うのです。
 
単純に素直に生きて生きたいなと思っていて。もう自分に嘘をつきたくないなと思っているので。自分たちが、世界中で撮影した写真を発信していくことで、少しでも誰かに、どういう形でも自分らしく生きていくことはできるって伝わったらいいなと思います。
(インタビュー記事より)
 
私が、素直に生きることを選択してストレスが減ったように、
たくさんの人が自分に素直に生きることを選択できる社会になってほしい。
と、思うのです。
 
 
 
私たちのウェディングフォトはこちら

www.instagram.com

 

発信媒体まとめました!

loveislove.japanさんのPOMU.ME

 

何かありましたら、ご連絡ください!

 

以上!りばみさでした!