りばみさ世界一周しちゃうブログ🐒

りばみさです🐒世界一大好きな女の子と結婚すべく世界一周へ✈️同性婚が認められている26ヵ国に2019年4月からおじゃまします💃さあ果たして世界一周できるのか!いろいろゆる~く発信中。

みんなの半ズボンのイメージは?私は、半ズボンに抵抗があるのです。

 

こんちはりばみさです!

台風が関東に近づいているみたいです。
みなさん、くれぐれも飛ばされないように。

昨日は、クラウドファンディングについてシェア。

loveislove.hatenablog.com

 今日は、少しりばみさの話に戻そうかと思います。

ずばり。
「半ズボン」です。

目次

〇半ズボン=男の子、ショートパンツ=女の子

               

夏です。
暑いです。

夏の格好、一般的には「半そで短パン」スタイルになるのでは。
でも、疑問があります。
みなさん、
半ズボン=男の子、ショートパンツ=女の子
というイメージはありませんか?

私は、あります。

実際に、Googleで「半ズボン メンズ」を検索すると、

f:id:LoveisLove:20180808155759p:plain

ひざ丈くらいのズボンが多く、

「半ズボン レディース」と検索すると、

f:id:LoveisLove:20180808155733p:plain

いわゆる「ショートパンツ」のような、
もものあたりまでの丈のズボンが多くなります。

なぜ?
すごく線引きがはっきりしているような気がするのです。

〇私は「ショートパンツ」も「ハーフパンツ」もはきたい。

               

 最近は、もっぱら「ハーフパンツ」をはきたくなる。
なぜか。
それはたぶん、彼女といるからだ。

loveislove.hatenablog.com

 女の子の心と男の子の心が共存している私、
「男の子」の心が少し勝る日は、「ハーフパンツ」をはこうとなる。

この前今年初めてショートパンツもはいた。
その日は、特に「女の子」の心が勝っていた、わけではなかったけれど、
少し「女の子」を意識した日ではあった。

すごく限定的ではあるけれど、
私は、はきわけている。

でも、半ズボンには抵抗がある。

〇半ズボンは、彼女との休日限定

               

理由は2つ

ひとつは、
半ズボンで他の人に会いたくないから

もうひとつは、
周りの目を気にしてしまうから

他の人に会いたくないってのは、
「半ズボン」をはいているりばみさのときは、完全に
「男の子」スイッチがオン
だから、他の人、知人に会うと、
自分の格好と心がマッチしなくなる。
言葉で上手く説明出来ないけど、

半ズボン+私の彼女と一緒=男の子のスイッチオン
でも、
男の子の心オンな私+知人=おっっっっっっっ。

てかんじ。
恥ずかしいとか、そういう言葉と少し近い。
それとともに、
自分の心の不一致を感じる。

もうひとつの、周りの目を気にしてしまう。
これはそのまま。
外にでれば、
男の人が半ズボンをはいている。
それを見て、周りを気にしていると、
はいたことに後悔する。少しだけ。
ちょっと場違い感を感じるのです。

だから、半ズボンは彼女との休日限定。
私の心に素直になれるから。

〇服に対する固定概念、イメージって強い。

               

今日、私は
服で男女判断するのはよくない、ということを言いたいのではなく、
服で性別を判断することは大いにあるって事実を再確認したかった。

誰もが、
自分の気持ちでショートパンツもハーフパンツも選んではくことができる。

ただ、自分の、社会のイメージ固定概念のせいで素直に選べず、
着ても違和感を感じる瞬間がある、ということ。

私は男の子になりたいわけでもないし、
少し特殊なのかもしれないが。
ただ、半ズボンをはきたいと思っても、
自分のなかのいろいろな葛藤があって、少し混乱することがあるということ。

これは、レズビアンとか関係なく誰にでもあることなのかもしれないから、
シェアしてみました。

f:id:LoveisLove:20180808214538j:plain


私は、半ズボンはいてる自分好きだから、
これからもはき続ける。

半ズボンのりばみさに遭遇したら、ちょっとレアかも?

まだまだ、いろんな葛藤を抱えているりばみさです。
服くらい、
何も考えず自由に着られたらいいな、という願望も少しそえつつ、
今日はここらへんで。


そろそろ、
海外話の記事も書いていこうかと思います。
こうごきたい!


以上!りばみさでした!

***

まだまだコメント受付中。

loveislove.hatenablog.com

 

私たち、インタビューを受けました!記事はコチラ

note.mu

記事と合わせてよんでほしい!

loveislove.hatenablog.com

 


******

「エンターテイメントによって、社会を緩やかに変えていく」を理念に活動中!

www.instagram.com

発信媒体はコチラ

loveislove.japanさんのPOMU.ME

メールアドレス:26timeswedding@gmail.com

ご連絡は、上記のメールアドレス、TwitterのDM、もしくはInstagramにお願いします。